ブログ

コラム⑫ 「視線を合わす」

コラム⑫ 「視線を合わす」

 

人間は他者との交流が深まり、お互いを理解し共感するようになると脳のある部分の活動が同期

する現象が起きるそうです。

“人体の不思議”

こんな話を聞けば聞くほど「こんな緻密な構造を誰が創ったのか?」と言う疑問が湧き上がります。

自然の摂理、生物の起源・進化に畏怖の念を抱きます。

 

コロナ禍を契機に普及が進んだリモートコミュニケーション。

専門家の調査研究によると現状のリモートコミュニケーションではこの脳の同期活動が行われ

ないことが証明されているそうです。

その理由が2点挙げられていました。

  • 視線が合わない
  • リモート画像を脳が静止画で構成されたものの連続であると認識している

特に「視線が合わないこと」が致命的な理由だそうです。

リモートコミュニケーションは大変便利ですが、カメラとマイクを使って会話するためどうしても

視線がズレてしまいます。

俗に言う「目と目を合わせて語り合う、膝と膝を突き合わせて語り合う」が出来ないことによる弊害

があるということです。

それと驚きましたが人間の脳は大変精緻に出来ていて、画面に映っているものはリアルな人では

なく、静止画の連続であると認識する点です。

普段の無意識の知覚よりも脳の認識は精緻である。

この事実には冒頭の「誰が創ったのか?」の疑問に立ち返りたくなります。

以前、動物の中で人間しかできないことの一つに「未来を思い描くこと」があると教えてもらいま

した。脳の発達によって人間は今の文明を創り上げたということでしょう。

 

「相手の想い・心情を知ることなく情報だけが伝わっていく状況が心の中に孤独を生み出す」

相手の想い・心情を知る術が「目を見て話し合うこと」である点はもっと注目されて良いと感じます。

「人間は相手の関心が自分にあるかどうかを視線で判断する」

このことも人間が持つ特別な感覚のようです。

視線を合わせずに会話をすることの危険性、人間の独自能力を使わないことによる弊害は軽んじ

てはならないと感じます。

以前、テクノロジーの進化で優しさに秀でる人が「優 秀」とされる時代が来るとこのコラムに寄稿

しました。

人間が持つ特別な感覚を育む。そして、思考の幅を広げる為に異なる意見の人とも対面で

触れ合い人間の持つ多様性を直に感じることは今後益々重要になると予想します。

テクノロジーは人間が主体的に使いこなしてこそ意味があります。

これからはより人間性が正しく発揮出来て、正しい優先順位の維持が出来るテクノロジーを

進化させる必要があります。

利用する側はその点を意識して商品・サービスを選択する必要、責任があります。

 

対面での視線を合わせた交流から相互に理解し共感することで脳の同期を発生させて創造的な

アイディアを生み出す。

テクノロジーの進化は大事ですが、元々人間が持っている独自の感覚を磨くことはより大事だと

感じます。

物事の本質を見極め、本当に大切なことに集中する。

このシンプルな思考を徹底します。

以上

~社員ブログ 新入社員 末信~

新しく技術担当で入りました、末信です。

 

 

最近の趣味の料理についてお話しします。

 

 

最近ではパスタ作りにハマっています。

 

 

パスタはなんといっても乳化の工程が大事です。

 

 

乳化とは水と油が混ざる事で、

 

 

このひと手間をする事で麺にソースが絡みやすくなり

 

 

美味しくなります。

 

 

高温に熱した具材に白ワインを入れ、

 

 

フライパンを振りながら具材を混ぜます。

 

 

そうすると、とろみが付き始めます。

 

 

これが乳化です。

 

 

上記の工程が難しい場合、

 

 

またはパスタがシャバシャバで水気が多い時などの

 

 

裏技で、フライパン上にある完成間近の状態の

 

 

パスタにオリーブオイルを大さじ一杯入れ

 

 

フライパンを振りながら混ぜると乳化します。

 

 

ぜひ皆さんも試してみてください。

 

~社員ブログ 業務 中村~

今回のブログを担当します 業務の中村です。

 

今日は、弊社で取り扱い開始になりましたリステック社のサーバーについてご紹介いたします。

 

私ではご紹介といっても、、、

 

「詳しくは担当営業へお問合せください!」となってしまうのですが…!

 

データの共有、外出先からデータが見たい、編集したい、PCのバックアップが不安、

大容量のデータを送りたい・・・など。

このようなお悩みは全て解決致します!

 

リステック社はサポート体制がとても良いので安心してご利用頂けると思います。

 

ご興味がございましたらぜひお問合わせ下さい。

 

Restec Server | 株式会社リステック (re-stec.co.jp) <https://www.re-stec.co.jp/product/rs4000ex>

 

コラム⑪ DX/リスキリング、それと・・・

2020年10月の世界経済フォーラムは今後の技術進展で従来の仕事の8,500万が失われると発表しました。

その他にも「今後無くなる職種ベストテン!」と言った能天気なのタイトルで興味を引こうとする雑誌も

多いように感じます。

一方、世界経済フォーラムは今後新たに生まれる仕事の数は9,700万とも言っています。

「差し引きすると1,200万の新しい仕事が生まれるんだ!」と一安心したいところですが、もちろんそこには

条件があります。

それが新しいスキルを身に付けること=「リスキリング」になります。

岸田首相も所信表明演説で成長産業への労働移動を促すリスキリング支援に5年で1兆円を投じる計画を

打ち出しています。

また、教育・学習分野の会社(リクルート、ベネッセ等)も一大商機と見て様々なメニューを用意している

ようです。

まさに国を挙げてのリスキリングブームと言った趣です。

リスキリング1兆円パッケージの定義が、「就職後に改めてスキルを高めた人材が成長分野に移り、生産性を

高めて賃上げにつなげる好循環を狙う」とあります。

誠にごもっともと感じますが、例えば自分の会社で採用した人材が会社なり個人で投資をしてリスキリングを

実践しスキルが高まったところで、「社長、実力が付いたのでより自分を生かせる、そして給料の良い会社に

転職します」と言われて素直に良かったねとは言えない気がします。

 

そもそもなぜ日本でも大企業を中心に多くの企業がリスキリングに取り組んでいるのでしょうか?

目的は何なのでしょうか?

専門家によると、「今、全ての企業に求められているのが“新しいビジネスをつくること”であり、それを実現

するにあたりデジタル活用が不可欠になっている」ためと指摘しています。

従来、企業は既存の事業を成長させるために働き方改革による生産性向上やデジタル技術を活用した業務改善

に取り組んできたが、コロナ禍に直面し社会が一変したことであらゆる面での変革が求められているためとも

解説しています。

要は今までの延長線上の改革では今後生き残れない。全く新しいビジネスモデルを構築して、それを実現する

ためのデジタル活用が必須になる。従来のスキルしかない社員では企業の存続さえ危ぶまれるとの論調です。

加えて、「人事部門だけ取り組んでも効果は期待できない。組織横断する専門部署をつくるべき。

その上でDX推進戦略に基づくリスキリングが必要な職種を定義しレベル設定を行う必要がある」

「リスキリングで求められているデジタルスキルの習得は従来の様に現場で習得することは出来ない。

なぜなら、今必要とされているデジタルスキルはこれまで会社に無かった仕事、これから生まれる仕事に

必要とされるスキルなので社内の誰も教えることが出来ない」との解説を聞くにつけ他人事の感が強くなって

しまいます。

まさに、「人事部門が無い中小企業はどうすれば良い?」

「結局、大手の教育・学習専門コンサルに頼むようなの?」

そんな素朴な疑問が湧いてきます。

 

国内企業数の99%を占め、雇用の約7割を生み出す中小企業に必要なリスキリングとは何か?

これを考えなければならない。

 

リスキリングで求められる職種の代表的なものが「データサイエンス・分析、AI・機械学習、デジタル

マーケティング」だそうです。

どの会社でも今後必要になる仕事だとは思いますが、大企業と中小企業ではその役割の違いから自ずと

取り組み方が異ってくるように感じます。

大企業はグローバル市場で勝つためのデジタルスキルが求められる。競争で優位に戦うための新しい

ビジネスモデルづくり、そのためのリスキリングは必須になるでしょう。

翻って我々中小企業は従業員幸福を実現するための働き方改革、リスキリングに取り組むべきでしょう。

特に地方の中小企業は深く地域に根差し、行政とは違う形で地域を維持・発展させる役割を担っています。

それが我々の存在価値でもあるし、そのためのリスキリングを一人ひとりの中小企業家が考えるべきです。

デジタル活用は従業員幸福を実現するための道具として扱うのがメインになるでしょう。

もちろん中小企業は新しいビジネスモデルをつくらなくても良い訳ではありませんが、今言われている

リスキリングは規模・地域性の観点から見ても中小企業にはマッチしない点が多いと感じます。

 

2018年に投資の専門家から教えてもらった言葉を思い出します。

「働き方改革はオフィス概念の改革になる」

顧客満足から従業員満足へ。

そしてこれからは“従業員幸福”というステージに入っていく。

「優しさに秀でる人が優秀とされる時代になる」

学力、能力が重要視されない時代が来る。

なぜならテクノロジーが代替するから。

人間しか出来ないこと。人間の正しい感性が求められる時代が来る。

テクノロジーが正しい優先順位を維持する。

今まではわかりやすさが優先順位を変えていた。

例えば、 (個人) お金/幸せ

(会社) 利益/理念

( 国 ) 経済/人権

どちらが本当に大事なのかは皆わかっています。

なのに環境、事情、短絡的な思考等で正しい優先順位を変えている。

暮らしていく中ではきれいごとでは済まされない、正しい優先順位とは違う判断を迫られることも

あります。

ただ、本当に未来のテクノロジーが正しい優先順位を維持してくれるなら、今よりもっとお互いが分かり

合える、素晴らしい世の中になるような気がします。

効率ではなく、人に良い影響を与えてくれるテクノロジーに期待します。

 

良い会社とは良い社風を持っている会社のことだと学びました。

数字では計れないもの(形而上)を大切にし、人間尊重経営を土台に社員との共育を実践する

我々の自主性、主体性が未来のテクノロジーを活用する前提になると感じます。

 

成人の学には人間学(徳性を養う)と時務学(知識・技能を養う)の二つがあると学びました。

古典「大学」には、本学(理念、目的、背景)は人間学で末学(手段、手法)が時務学であると

書いてあるそうです。

日本流で行くと不易流行でしょうか。

人間の正しい感性を磨く本学=人間学こそリスキリングしなくてはならない気がします。

以上

 

~社員ブログ 長嶋(技術)~

「朝日山と朝日寺」

今回ご紹介するのは松江市の「朝日山」です。

宍道湖の北側、湖北線を車で走っていると免許センターの北側に見えるのが朝日山です。

標高は344m。

朝日山には東の峰と西の峰の2箇所展望の良い箇所があり(写真の左上が西の峰、左下が東の峰の東屋

(あずまや)になります)それぞれから宍道湖を一望できます。

そして、天気が良ければ、東に大山、西に三瓶山まで望むことができます。

(写真の右下、宍道湖の向こう側に薄っすらと三瓶山がみえています)。

さらに北側には日本海。

というように山頂からの展望が良いのもオススメする点ですが、この朝日山は山頂にある朝日寺の住職によってきれいに整備されています。

所々、写真の右上のように心が和むような案内を設置されたり、登山道も歩きやすいように整備して下さって

います。

秋になり少しずつ涼しくなってきました。

紅葉のシーズンには普段山には登らない方も朝日山に足を運んでみてはいかがでしょうか。

 

コラム⑩  「タ イ パ 重視」

新聞を読んでいたら、また知らない言葉に出会いました。

「タ イ パ」

“そんなことも知らないのか!?”とお𠮟りを受ける向きもあるかもしれませんが初耳でした。

タイムパフォーマンスの略語のようです。

(日本人の短縮好きも程度問題だと思うのですが)

 

マーケティングの視点で見ると一般の消費は元より音楽・ドラマ等の楽しみ方もタイパ重視の

傾向が強くなっているそうで、「日本はかつてない高速化社会に突き進んでいる」そうです。

私が鈍感なのかわかりませんが、周りが最近富みに高速化しているとは思いません。

ただ便利な機械が増えたのは事実ですし、少し人間が横着になっている部分はあると感じます。

昨今、仕事・働き方においては“生産性向上”が掛け声ですからタイパ重視は結構なことですが、

プライベートの時間はどうなのでしょう?

やりすぎると窮屈な暮らしぶりになりはしないかと危惧します。

何かに追われている様な、既成概念に縛られ常に誰かの目を気にしている様な時間の過ごし方

は不自然に感じます。

楽しいかどうかよりも損得を優先する姿勢はどうにも肌に合わない気がします。

 

そもそも時間だけはどんな人にも平等です。

総理大臣も私も1時間は同じ長さです。

仕事においてはその同じ長さの時間を<上手く使うか>/<無駄に使うか>で成果に差が

生まれてきます。学ぶことも同じです。

勤勉、能力開発、成長と言ったものには“タイパ重視”は大事であると共感出来ます。

 

要はプライベートな時間とのバランスがますます重要なっていくということです。

 

当世若者気質、若者の声として、「ドラマの間とか情景描写が嫌。とにかく先を知りたいし、無駄

な時間を過ごしたくない」というコメントが紹介されていました。

「そうなんだぁ~」と言う驚きと共に今年58歳になる私としては、「それじゃ、落語はどうなるの?

演劇・歌舞伎はどうなるの?」と言いたくなってしまいます。

それぞれ個性のある演者がその人なりの間で演じるから同じ演目でも味わいが違ってくることが

驚きであり楽しみなわけです。

タイパ重視で倍速で落語を聞いても笑えないし、しみじみと人間の業を肯定することも出来なくなる

と思います。

~余談ですが、ヒット曲のイントロも短くなっているそうです。

サブスクリプション音楽配信の普及ですぐに歌が出てくる“ゼロ秒イントロ”という曲も多いそうです。

海外では再生回数を伸ばすために2~3分の曲が多くなっているそうです。

功利主義と言うか、そこまでいくと音楽を楽しみたいのか瞬間的な刺激を求めているのか

わからなくなります。

「それも個人の楽しみだ」と言われれば詮無いことですが。

 

何しろ、インターネットの普及とスマホの登場は大変革であったと改めて感じます。

人間の生活形態を大きく変えたわけですから。

 

生活行動の高速化では外出時間を節約する人が宅配サービスを利用し、調理時間短縮の為の

簡便調味料なるものが年々増えていることでもわかります。

時間の掛かる家事の代名詞である洗濯においても時短洗濯機なるものが人気を呼び始めている

そうです。

 

タイパ重視で生まれた時間を家族や友人たち、大切な人との濃密な時間に使うのであれば新たに

創られた商品・サービスも浮かばれるというものです。有意義です。

 

 

趣味嗜好品にしても業務用の製品にしても何らかの利用目的があるからこの世に生まれています。

当社で扱っている通信・オフィスオートメーション機器は事務仕事の自動化/効率化を目的に

作られています。

そして一流メーカーが作った製品を必要なお客様に提案して差し上げるのが当社の役割です。

良い製品があれば黙っていても売れるほど世間は甘くありません。

特に当社が扱っている業務用のニッチな製品は必要なお客様を見つけるところからはじまり、

最適なシステムの提案→契約→施工→アフターフォローとお客様との長く密な関係を構築する

ことが求められます。

タイパ重視を逆行するようなことも多々あります。

業務用、そしてお客様ごとの最適提案が千差万別であるがゆえに対面でのアナログな部分が

どうしても必要な場面が出てきます。

私はそこが営業の醍醐味だと信じています。

仕事を通して色々な社長と仲良くなれる素晴らしさが営業にはあります。

濃密な人間関係を築くのにタイパは合いませんね。

 

時代の変遷、外部環境の変化に適応しつつ自社の良さ・固有の役割を強くイメージしてお客様と

向き合います。

以上

※重要※『顧客限定 決算キャンペーン』のご案内

~当社顧客の皆様へ~

日頃はご愛顧いただき誠にありがとうございます。

さて、この度当社9月決算にあたり「ご紹介キャンペーン」を実施します。

お知り合いの社長様でOA機器でお困りの方がおられましたら是非ご紹介下さい。

御礼はもちろんですが、地域密着型のOA機器販売業者として23年間営業している当社が

地元業者ならではの安心・安全を提供します。

添付の資料をご覧いただき、担当営業又はフリーダイヤルにご連絡下さい。

宜しくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

~社員ブログ 木村~

今回ブログを担当します。木村です。

 

写真の飲み物何か分かりますか?

 

これエスプレッソトニックといいます。

 

上はエスプレッソ、下はトニックウォーター

になっており、2層のコントラストが綺麗です。

 

飲み方は上のエスプレッソを下のトニックウォーターに自然に溶かしながら飲むらしいです。

決してかき混ぜないで下さいとの事。

 

ストローでチューチュー吸ったり、

ゴクゴク飲んだりする飲み物ではなさそうです。

 

優雅ですね…..

 

濃いエスプレッソが時間をかけてトニックに溶けて行くとフルーティなスッキリとした味に変わって行きます。

 

今、流行りの味変ってヤツですかね

何とも不思議な飲み物でした。

 

店内も窓から堀川や遊覧船も眺められるので

ゆっくりした時間が過ごせます。

 

エスプレッソを溶かしながらゆっくり飲むスッキリとした一杯…..

 

なかなかいいですよ。

 

お店:リトル コート コーヒー(little court coffee)

 

URL:http://littlecourtcoffee.com/

 

※エスプレッソトニックは限定販売の様です。

*****************************************
有限会社PMA(レカム㈱松江支店)
木村 充利
〒690-0824
島根県松江市菅田町180番地
アイウォーク菅田ビル309号
TEL: 0120-16-0961
FAX: 0852-55-8360
*****************************************

コラム⑨ 「人生百年時代」

コラム⑨ 「人生百年時代」

 

“妖 精さん”

何を指しての言葉だと思いますか?

私もつい先日知ったのですが、

「出社しているはずなのに、姿が見えない」

そんな中高年を指してそう呼んでいるそうです。

ネーミングは可愛らしいですが、意味は辛辣ですね!?

 

私も昭和39年生まれで今年58歳になりますので立派な中高年です。

気持ちは若いつもりですが、客観的に見れば“妖 精さん”候補になるわけです。

会社勤めであればそろそろ定年を意識する年齢になるのでしょう。

35歳まで勤めていた会社の同期たちはどのような心境なのだろう?

と、時折感慨に耽ることがあります。

 

私の場合は35歳で起業したことにより、会社を維持発展させることが出来れば死ぬまで、

又は周りが辞めてくれと言うまで働くことが出来ます。

35歳以降もそのまま会社勤めをしていても家族と共に楽しく過ごせたと思いますが、

起業して故郷で働けるようになったことで全く違った人生を歩んでいる実感はあります。

昔、「一粒で二度美味しい」というお菓子のCMがあったように記憶していますが、

私の場合は「一生で二度楽しい」と感じられたことは幸運なことだと感謝しています。

 

さて、経営者の先輩方から見ればまだまだ若輩者の私ですが、タイトルの「人生百年時代」に

ついて考えてみました。

私の場合23歳で就職したので定年を60歳とすると37年間、65歳とすると42年間働けることになります。

が、です。

65歳定年としても百歳まで35年もあるわけです。

60歳定年なら40年。

この長さを“老 後”と呼んで良いのでしょうか?

もったいなくないですか? 本当に甚だ疑問です。

健康で経済的にも豊かで悠々自適という方でも、やはり社会との接点、何かしらの社会貢献、

他者との交流を求めていくのではないでしょうか?

また企業側でも少子高齢化に伴う生産年齢人口の減少に直面し“リスキリング”の掛け声の下

中高年世代の活性化に更に取り組んでいくのではないでしょうか。

少し上の先輩たちが還暦を過ぎてきましたが、私が子供の頃の還暦とは明らかに違います。

シンプルに「まだまだ若い!」です。

容姿はもとより、気力・体力とも大人しく隠居させられる感じの方は少ないです。

これは労働環境の改善・食べ物の変化・医療の進化に依るところが多いと思います。

文明発展の良いところです。

少子高齢化・人口減少等課題は沢山ありますが、喫緊の課題としてまだ現役で活躍できる

「中高年を生かす場をつくる」ことは優先事項だと感じます。

 

以前、「営業は最高の資金繰り」という言葉に感銘を受けたことがあります。

それの請け売りで行くならば、「生涯現役こそ最高の安心老後」といった感じでしょうか。

 

周りからあてにされる人物になること。

あてにできる仲間をつくること。

プライベートでも仕事の面でも「あてにしあてにされる関係」を構築することが出来れば、

人生はより豊かなものになるのではないでしょうか。

 

以前に書いたかもしれませんが、

「衣食住が足りていれば、他人に喜んでもらうことで幸福を感じる」

これは人間の真理の一面を表していると感じます。

「他人との関わりに興味はないし、影響も受けない」という人も居るのかもしれませんが、

他人との関わり合いの中にこそ人間としての生きがいがあるように感じます。

 

“少子高齢化” “人生百年時代” “健康寿命”

これらの言葉をネガティブに受け止めるのではなく、事実をありのままに受け止めて

「じゃぁ、自分はどうするのか?」を前向きに積極的に考える方が健全だと感じます。

 

当社の課題である「若者雇用」についても、今居る先輩世代・中高年たちが魅力のある人物

でなければ会社に興味をもってもらえないでしょう。

“隗より始めよ”

まずは自分から改善していくしかないと感じます。

 

「経営者の自己変革」

勉強させてもらっている中小企業家同友会の企業変革支援プログラムSTEP2の大項目Ⅰ.経営者の責任の

小項目③に経営者の自己変革があります。

社内外から好まれ期待される“社 風”を醸成するという一番の責任を全うすること。

その実現に向けて経営指針の全社的実践を進めます。

以上

 

 

~社員ブログ 植田~

 

近頃ちらほらと聞くようになったカテゴリ6A( Cat.6A )

光が普及してかなり経つがネットワークでは5eを利用してる

事務所がほとんどでは。。

併せてネットワークストレージを利用している事務所も

かなり多い。

その膨大なデータをさらにバックアップ。

ある会社では年間八日間もデータ転送での待ち時間があったそうな。

まだまだ高いが10GHUBも結構出てきている。

メインLAN配線が(NASにつながるメイン配線)かなり混雑している可能性は

ないだろうか?

何人ものPCが1台のNASに集中している。

データーの書き込み読み込みに時間ががかかる。

バックアップが終了しない。

動画画像データが大量にあるならケーブルの見直し、HUBの見直しは

かなり有効な手段かも。。

 

 

植田信一

サービスに関するお問い合わせ・お見積もり・ご相談 フリーダイヤル 0120-16-0961 メールフォーム お問い合わせフォームへ
company profile 有限会社ピー・エム・エー TEL.0852-55-8262 FAX.0852-55-8360〒690-0824 島根県松江市菅田町180 アイウォーク菅田ビル3F
島根県・鳥取県のビジネスフォンのことなら有限会社PMAにお任せください。